ばんたね病院

ばんたね病院は、名古屋都心部に位置する都市型病院であるとともに地域に根をおろした地域密着型の診療科27科、一般病床370床を有する総合病院です。

また、大学病院・教育病院として、安全で高度な医療を提供できる中核病院でもあります。

2021年度より、ばんたね病院でのFNPの活動を本格的に開始しました。現在、2名のFNPが脳神経外科にて活動しています。加えてローテート研修も受け入れています。

当院の特徴は地域密着型であることに加え、部署間の垣根が低く診療科や職種を超えた協力体制があることです。FNPとしてフットワークの軽さを生かし外来、手術室、ICU、透視室、病棟など様々な場所で活動しています。
























脳神経外科

脳神経外科では6名の医師とともに活動しています。年間約500例の脳神経外科手術(未破裂動脈瘤クリッピング、破裂動脈瘤クリッピング、バイパスなど)や血管内治療(コイル塞栓術、CAS、PTAなど)を行っています。

FNPは、血管内治療術前評価外来や、手術助手、ICU管理、病棟管理などを行っています。




写真①

病棟での術後評価のための血管エコー実施









写真②

手術助手(写真右がFNP)








写真③

外来








活動実績 2021年4月~9月

・術前外来実施  70件

・手術介入件数 140件

・PICC挿入件数  21件